Base Ball Bearのまとめ集

Base Ball Bearのブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

湯浅将平Yuasa Syouhei 5018

湯浅将平 - 湯浅将平

まだ情報がありません。

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・湯浅将平のまとめ集

Twitter (#湯浅将平)

23時間前

@0z0z03g

ダンス湯浅将平見たいな
2日前

@ayaoka_hsj

密かに応援している湯浅将平の隠し子(ではない)こと作間くんがJETなDOするのか~~~おめでとうございます🎉🎊
3日前

@392369tamy

11.Base Ball Bear 湯浅が好きです今でも ダンス湯浅将平は最高に好き、大好き可愛い 愛してるより曖してるが好きです
3日前

@murainoame

湯浅将平の機材ググッてたら出てきた
3日前

@mohiko174

ギター湯浅将平
3日前

@mikan_tage320

この壮大な城を築いた湯浅将平という男をギター始めた時から追いかけてきたから、正直北嶋の高額機材がどうとかいう話にはあまり興味はない
4日前

@SEITAROSAN_bot

BaseBallBearのライブのこいちゃんの 「ギター湯浅将平!」で バーッって走って行くんじゃなくて だんだんとゆっくり歩を進めてどやぁ… 的な感じでギターソロ弾く湯浅が大好きです。飾らないところが好き。

湯浅将平の関連ブログ記事

4日前
オヤジが湯浅将平
アイテムのコーディネートがほとんど分かっていない方、女性にウケる服を入手したい方にはおススメ。ここでは30代以上の男性に人気のある、メンズファッション通販をランキングとしてご紹介しているので是非とも参..
3週前
アルカラ 2018.1.27. ZEPP DiverCity T・・・
・・・ そのためアニバーサリーイヤーにも関わらず、メンバーを1人欠き、サポートメンバーを加えてツアーを開催する非常事態となった(数年前にBase Ball Bearもギターの湯浅将平が突如失踪し、脱退..
3ヶ月前
2017年KIRINJI東阪ワンマンライブ、今後はどうなる
・・・限りでは、常にこういう感じで流動的に成長していくのがバンドKIRINJIとしての方向性なのかなと感じました。 今年はギターの弓木英梨乃ちゃんも、昨年ギタリストの湯浅将平さんが脱退したBa..
3ヶ月前
増渕と湯浅将平
読み放題というのは、電子書籍業界にとっては正しく斬新な試みです。本を買う側にとっても制作者サイドにとっても、良い面が多いと考えていいでしょう。 これまでは本になったものを買っていたというような方も、電..
3ヶ月前
湯浅将平とラミニフェルミヤマクワガタ
保水できなくなってしまうと肌トラブルが、起きる要因が増すことになるので、これを体内にとりこむことによって、体中のコラーゲンのどんな肌ケアを試すと良いのでしょうか?実際、体内のコラーゲンが足りなくなると..
4ヶ月前
Tour 光源
・・・弓木さんべっぴんでした かわいいのにギターかき鳴らす顔が鬼の形相(笑) アンコールはまず3人で 湯浅のポジションをいつまでも空けてくれているのね そこにいるのはやっぱり湯浅将平であってほしいと思..
4ヶ月前
BBB
・・・いってのが理由な気がします、多分(笑) そんで今日は田島が高校時代一番聴いた「Base Ball Bear」の紹介です。 ホントに好きです、とは言え実は一番左の湯浅将平(ギター)が去年謎..

湯浅将平の関連動画

2016/05/02
Base Ball Bear、『日比谷ノンフィクションV~LIVE BY THE C2~』でギター湯浅将平脱退後初の東京公演
2016/03/18
Base Ball Bear 湯浅将平について(真夜中のニャーゴ)
2016/02/23
Base Ball Bear - 真夏の条件 (ダンス湯浅将平入り)[LIVE]
2016/02/08
「Base Ball Bear」の湯浅将平さんからコメント動画到着!

Base Ball Bearのまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

Base Ball Bearについて

Base Ball Bear(ベース ボール ベアー)は、2001年に結成された日本のロックバンド。 現在の所属レコード会社はユニバーサル ミュージックの社内レーベルであるEMI Records、所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ。略称として主にベボベBBBが用いられる。公式ファンクラブは「ベボ部」。

出典:Wikipedia

公式ホームページ

公式blog

公式twitter

公式Instagram

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク